FC2ブログ

ダイエット・サプリの通販で美容美白若返り!

ダイエット・サプリの通販では、ダイエット食品、サプリメント、スキンケア、ヘアケア、 ボディケアサプリ、 ダイエットの悩みとヘルス、コスメ美容、美白、若返りのダイエット・サプリの通販美容、美白です。

基礎代謝とカルニチンの関係

■基礎代謝
礎代謝とは、呼吸や体温の維持や心臓の鼓動など、生命活動に最小限必要なエネルギー代謝のことをいいます。

このエネルギー源として主に脂肪が使われます。

基礎代謝は20代後半をピークに減少し、筋肉量が減り代謝活動が低下してくる40歳頃からさらに急激に減少してゆく事が知られています。
それに伴い一般的に太ります。これが中年太りです。


肥満と密接な関係を持っているのが「筋肉」です。脂肪をもっとも大量に消費するのが「 筋肉 」だからです。
ここで脂肪全体の約70%が燃焼。筋肉は「脂肪の消費場所」です。


一般的に、20分以上の有酸素運動は脂肪の燃焼に効果的です。

特別な運動をしない日常生活においても脂肪の年少量が減少します。


カルニチンはリジンとメチオニンというアミノ酸から、
肝臓や腎臓で少量(一日約10mg~20mg)作られ、
筋肉細胞へのブドウ糖や遊離脂肪酸の受け渡しの部分で活躍している栄養素です。

カルニチンという成分は、体の脂肪を燃焼して、エネルギーに変えるためには、なくてはならない存在。


体内にカルニチンが多く存在すると、脂肪を効率良く、活発に消費する事が出来ます。
しかし、残念なことにカルチニンは20代をピークにどんどん減少してゆきます。
また、カルニチンの体内生成は、ストレスにも影響されてしまうようです。


誰でも年を取り、ストレスを感じたりして、体内で作られるカルニチンが不足すると、
それにあわせて脂肪をエネルギーとして消費する効率が落ちます。
 
 
痩るために食事の量を減らしてみたとしても、なかなか体脂肪が落ちない。
 つまり『なかなかやせられない』ということになります。


なかなか痩せられないな、そして気になる
生活習慣病「メタボリックシンドローム」。



脂肪の燃焼効率のいい身体づくりを応援するサプリです。


スポンサーサイト



このページのトップへ